阿佐田哲也さんと言えば麻雀の世界では知らない人はいないくらいに有名な方で麻雀放浪記という小説がとても有名です。ただ、私が今回感想として上げるのは麻雀放浪記ではなくうらおもて人生録という本となります。

この本は世間一般の方からすればビジネス書と言い難いものかもしれませんが、私にとってこれは立派なビジネス書であると考えています。

この本は手帳の使い方、アポの取り方、To Doリストを使って行動するなどの仕事を効率良く進めるためのものではなく、もっと人間臭い話を織り交ぜた本となっています。例えば内容として「君がいくら会社に貢献できる良いアイデアを他部署に持ち込んでも相手はそれを素直には受け止めない。受け止めた瞬間に相手は君にひとつリードされたと感じるからだ」中略・・・

「こすい考え方かもしれないがそういった時に相手に賄賂を贈る、リードしたと思わせることが大事だと思う」このような考え方は出回っているビジネス書にはおおよそ載っていないと思うのですがこれは非常に大切な考え方だと思います。

良いアイデアだから皆手放しに協力してもらえることはないのだとこの本は教えてくれています。あいつは普段あまり協力的ではない、協力してもこちらが忙しくなるだけだ、など人には色々な考えがあります。そんな相手にもひとつ花を持たせてあげることによって仕事が思いのほかうまくいくこともある。私にはためになりました。他にも仕事に対する心構え意外にも私生活における心構えなども盛りだくさんに載っていてとても楽しめる内容の本だと思います。