イギリスの食生活への見方が変わる?お気軽エッセイ「イギリスはおいしい」

学生の頃読んで、それ以来ずっと大好きなエッセイのうちの一冊として、今でもたまに読み返すのが『イギリスはおいしい』林望/著です。

タイトルの通り、そのまま。

イギリスの食生活はまずいひどいと言われているが……いや、うん、そんな事なくもなくもないんだけれど、美味しいものもいっぱいあるんだよと、愛情を持ってイギリスの料理のひどさと、美味しさを伝えてくれます。

まずイギリスは、宗教的に食べ物は食べることそのものに感謝をすべきで、美食をたたえるべきではないというような考え方が、根底にあるというのが前提です。

そのため、野菜はとにかく煮る。くったくたになるまで煮る。

著者がイギリスで、見知らぬ野菜を見かけ「これはどのように調理して食べるといいでしょう?」と訊ねてみたら「切って茹でるのよ」で終了してしまうあたりで、察して下さい。

そして色合いを留める為にお酢を入れるなんて、そんな工夫もないから見た目も似つくした野菜色……。

そんな美味しくなさそうな雰囲気が、文章から伝わってきます。

ただし、ここからが真骨頂で「調理法はまずいのだけれど、野菜や果物そのものは日本より美味しいかもしれない」というのが、エッセイをおもしろく感じさせてくれる場所です。

そこら辺になっていて「勝手に持ってっていいですよ」とおいてあるリンゴは、実際はすっぱそうだなと思いつつ、食べてみたい気持ちになります。

イギリス人のユーモアや愉しさ、イギリスに興味はなかった私が、一度訪れてみたいと思うようになってしまった一冊。