要らない物を処分する決意

昨年2人目の妊娠が発覚し、悪阻の落ち着いた私がとりかかったのが家の片付けでした。とにかく子供はスペースを使います。新しいヘビー用品を置く場所と雛人形を入れるスペースを確保したくて、いらない物を捨てる決心をしました。

はじめにとりかかったのが本です。1人目の時にも400冊近い漫画を処分しましたが、今回も150冊程度の漫画を古本屋に持ち込みました。査定自体は平日の午前中だったこともあり、かなり短時間で終わりました。金額は思っていたよりも少なかったですが、捨てられてよかったと思っています。

それから着なくなった衣類を分別しました。私は福袋が好きで、毎年着ない服が必ずでていました。しかし勿体無くて処分できずにいたんです。そんな新品の服をまとめてみると意外と多く、こちらもリサイクルショップに持ち込みました。時期があっているものは買い取りをしてもらえましたが、結局半分程度しか引き取ってもらえませんでした。しかし高いもので200円、他は100円で買い取ってもらうことができ、クローゼットがかなりスッキリしました。着てある子供服も一袋で200円の値がつき、ゴミにださなくてよかったと思いました。

それからキッチンの片付けをしました。こちらは売れるものがなく、ただただ分別が面倒で捨てていないものの山でした。使っていない焦げ付くフライパンなど、分別を調べまとめて処分をしました。パンパンだったキッチン収納に空きができ、こんなにもいらないものが詰まっていたのかと驚愕しました。

断捨離ははじめるまでとても面倒で、嫌な作業だと思っていました。しかしとりかかってみると家がみるみる綺麗になり、スッキリとした気分になれ、本当にやってよかったと今は思っています。

http://plaza.rakuten.co.jp/doenma8lutilllnm/diary/201605280000/

このブログにも断捨離について書かれています。

DVDを処分したい方は特にご覧ください。